スタンフォード大が開発した「Vid2Player」、プロテニスプレイヤーの動きをAIが再現する

It News Startup

スタンフォード大が開発した「Vid2Player」、プロテニスプレイヤーの動きをAIが再現する

スタンフォード大学の研究チームは、テニスの試合をリアルに再現するAIシステム「Vid2Player」を開発した。

一見ゲームのようにも見える同システムでは、ロジャー・フェデラーやセリーナ・ウィリアムズといった、実在のプロテニスプレイヤーが登場。プレイヤーのとりうるアクションが反映され、試合の展開を設定することもできる。

プレイヤーのアクションをモデル化

Vid2Playerでは、動画データでトレーニングすることで、プレイヤーのコートの位置やショットの選択をモデル化している。これにより、特定の状況下でのプレイヤーの選択が再現され、ユーザーが指定したコースへのショットを創り出すことも可能だ。

実際には対戦していないロジャー・フェデラーとセリーナ・ウィリアムズなどの試合も再現できるほか、ウィンブルドンの決勝でのショットを細かく調整し直すことも可能。選手名などの注釈も生成されており、試合のシミュレーターとして機能する。

ロジャー・フェデラー対ロジャー・フェデラーの試合も

研究チームにより、Vid2Playerの紹介動画がアップされている。このなかで、ショットとプレイヤーの位置が調整できたり、ロジャー・フェデラー対ロジャー・フェデラーの試合が組めたり、アウトのショットをインに変更したり……といった機能が垣間見られる。

コートに当たる日の光や影まで調整できるようで、さながらウィンブルドンの試合中継のようなリアルさに驚くだろう。

プレイヤーのアクションをモデル化して映像化する技術は、リアルなシミュレーションが実戦に活かせるほか、忠実な挙動のキャラクターが登場するゲーム制作なんかにも役立ちそうだ。

参照元:Vid2Player: Controllable Video Sprites that Behave and Appear like Professional Tennis Players/ arXiv

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件