レッドブル2月1日から値下げでネット大歓喜、しかしとんでもないオチが話題

News 2ch

レッドブル2月1日から値下げでネット大歓喜、しかしとんでもないオチが話題

image:秒刊SUNDAY

IT戦士の生命水ともいえる「レッドブル」。天然水・なんとかバナジウムよりもよっぽど効くのではないかということで、深夜、徹夜を行う方方にこよなく愛されておりますが、なんとここに来て更なる朗報。なんと値下が行われるということなのです。一体どれほど値下がるのでしょうか。

新価格は2月1日から

さて、REDBULLによりますと、新しい価格としては以下のようになっております。

レッドブル・エナジードリンク 250ml
241円→190円
レッドブル・シュガーフリー 250ml
241円→190円
レッドブル・エナジードリンク 330ml
268円→235円
レッドブル・エナジードリンク 355ml
292円→245円
レッドブル・エナジードリンク 330ml
アルミボトル
296円→245円
レッドブル・エナジードリンク
ホワイトエディション 250ml
190円 *改定無し

と、なんとも50円近いほどの価格の値下げが行われているのだ。これほどまでの値下げは珍しく、愛飲家にとっては何とも言えないほど嬉しい限りではありますが、一方、この裏側にとんでもない事実が判明しております。

185ml缶は終売

なんと、180mlの小型の缶のほうは終売してしまう。つまり現在販売しているもので、もう今後購入できなくなる。

大きいサイズは飲みきれないから小さいサイズで・・・と購入していた方には残念なお知らせではありますが、結果的に値下げが行われ、小さいサイズの価格で大きいサイズが買えるようになったので、結果オーライか

ネットはでは、レッドブルの大きいサイズは飲みきれないという声も。果たして今後小さいサイズは復活するのだろうか。

Source:PRTIMES

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件