みなとみらいの「ぴあアリーナMM」に設置! サイネージシステム「Motion Corridor」

It News Startup

みなとみらいの「ぴあアリーナMM」に設置! サイネージシステム「Motion Corridor」

ソニービジネスソリューション株式会社と株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは、ぴあ株式会社の音楽アリーナ「ぴあアリーナMM」に、コンテンツ演出サイネージシステム「Motion Corridor(モーションコリドー)」を納入した。

アーティストの作品を楽しめる

今回のシステム「Motion Corridor」は、みなとみらいの「ぴあアリーナMM」1階ピロティに設置されている。50mの通路に配置された8柱の柱それぞれに、55インチの縦型ディスプレイ2台を設け、映像と音響によるインスタレーション作品などの放映を行う。

みなとみらいの「ぴあアリーナMM」に設置! サイネージシステム「Motion Corridor」

作品イメージ:左から「Kinetic Frames」、「エウロパ」、「Border Play」

映像配信にはサイネージシステム「MITENE(ミテネ)」を活用し、アーティストとのコラボレーション企画は株式会社バスキュールが担当する。7月1日から井口皓太さんの「Kinetic Frames」、山田遼志さんの「エウロパ」、Qubibiさんの「Border Play」といったアート作品を楽しめるようだ。

放映コンテンツの拡充も予定

みなとみらいの「ぴあアリーナMM」に設置! サイネージシステム「Motion Corridor」

ぴあアリーナMM

「ぴあアリーナMM」は、音楽アリーナとしてだけでなく、みなとみらい地区全体を盛り上げる施設として構想されている。

同施設の1階ピロティは、アリーナの来場客に加えて観光客なども利用できるため、「街を訪れる人も楽しめるサイネージ」をコンセプトとして「Motion Corridor」が設置された。

今後は放映コンテンツの拡充が予定されており、パブリックアートとしても鑑賞できるサイネージを目指す。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件