コロナによる収益減少で、F1チームへの分配金が大幅減額

F1 Sports Car

 F1の商業権所有者リバティ・メディアが競技とビジネスによって生み出した収益からF1チームに支払う分配金は、2021年、多くのチームに関して減少となる見込みだ。2020年のF1は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕を大幅に遅らせ、開催数を減らさざるを得なかった。

 フィナンシャル・タイムズの報道によると、F1は2020年最初の9カ月で、3億6300万ドル(約377億円)の営業損失があったことを報告している。

 F1の収入源は、テレビネットワークによるレースの放映権への支払い、コース内の広告料、コースの豪華なホスピタリティ施設、そしてサーキットが支払うレース開催権料だが、2020年にはその多くが支払われなかった。

 ほとんどのサーキットが、観客へのチケット売り上げの少なくとも一部を、2000万ドル(約20億8000万円)から5000万ドル(約51億9000万円)以上になるグランプリ開催料の支払いにあてている。だが2020年は、ほぼすべてのサーキットが無観客かごく少数のファンのみを入れての開催となったため、リバティは開催権料を受け取ることを断念せざるを得ず、サーキットに無料でレースを開催させていた。

 また、2020年にはサーキットではVIP専用ホスピタリティ施設が設置されなかったことも、さらなる収入減につながった。

 しかしながらリバティは2021年にはパートナーたちがF1への支払い義務を果たすこをを期待していると、昨年までF1のCEOを務めたチェイス・キャリーは述べた。言い換えれば、サーキットはレースを無料で開催することはできないということになる。

 キャリーはまた、アマゾンのデジタルストリーミングサービスと契約することで、収益の増加を図ろうとしている。

 2020年の売り上げは、2021年に10回に分けてチームに支払われることになる。金額はチームの前年の結果を元にして決められるため、コンストラクターズ選手権で1位のメルセデスは、最下位のウイリアムズよりもはるかに多くの支払いを受ける仕組みだ。

『Auto Motor und Sport』によると、メルセデスは2021年に1億2600万ドル(約130億8800万円)の分配金を受け取ることになる。対して2019年の成績に基づいて2020年中に彼らに支払われた分配金は、1億7700万ドル(約183億8500万円)だったという。

コロナによる収益減少で、F1チームへの分配金が大幅減額
2020年F1第5戦70周年記念GPでのルイス・ハミルトン(メルセデス)

各チームは財政的に苦しいなかで活動を続けることになるが、新たに導入される予算制限が幾分彼らの助けになるかもしれない。当初、チームは2021年から年間1億7500万ドル(約181億7700万円)の予算制限を設けることに合意していた。しかしコロナウイルスの影響により、各チームは上限を1億4500万ドル(約150億6000万円)に引き下げることを、5月に承諾した。

 しかしチームは、2021年、多額の予算が必要となる。2021年型マシンの開発については、2020年型をベースとして行われるものの、2022年には根本的に新しい技術レギュレーションの下で新たなマシンを設計しなければならない。

 その上、2021年もパンデミックがF1の収入の流れに影響を及ぼすことに疑問の余地はなく、F1とチームにとって困難な時期が続きそうだ。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件