桔梗塚 | 明智光秀の墓と伝承される歴史ロマン溢れる場所

News 日本の城

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。
今回は、岐阜県山県市にある桔梗塚について。

桔梗塚 | 明智光秀の墓と伝承される歴史ロマン溢れる場所 ↑
桔梗塚は静かな中洞白山神社の境内にある

明智光秀は生きていた?

歴史ファンならずとも明智光秀(あけちみつひで)という名を聞いたことがないという方はほぼいないのではと思われるほど有名な武将であるが、戦国時代の真っ只中だったということもあり、どこでどのように最後を遂げたのか等の文献や記録などは皆無に近いのである。確実な記録がない武将には様々な言い伝えなど、関わりの深い地域を中心に多くの歴史ロマン溢れる物語が出てくるのは通例だ。
桔梗塚 | 明智光秀の墓と伝承される歴史ロマン溢れる場所
 ↑
少し小高い古墳のような地形の場所が桔梗塚だ

ここ桔梗塚(岐阜県)には明智光秀公の墓があるとされている。NHK大河ドラマ(麒麟がくる)で脚光を浴びており連日多くの観光客が訪れる観光スポットとなっているのだ。

桔梗塚 | 明智光秀の墓と伝承される歴史ロマン溢れる場所
 ↑
こちらがお目当ての明智光秀公のお墓である

光秀公の最後に関しては、教科書に掲載されているほどの出来事(本能寺の変)である、山崎の戦いにて羽柴(豊臣)秀吉に討たれたとされているのが通例だ。三日天下という言葉についてもここからとされている。しかし光秀公の首は本能寺や粟田口(あわたぐち)に晒されたとされているが、どうもここが微妙なところなのだ。自刃したのかも落ち武者狩りに殺害されたのかもわからない状況で、首を晒すというのはどういうことなのだろうか。
桔梗塚 | 明智光秀の墓と伝承される歴史ロマン溢れる場所
 ↑
これがメインではと間違えるような石碑だが、不明!

そこで、光秀公は実は山崎の合戦では生き延びており、故郷に帰って荒深小五郎の名で生きていたのではないだろうかという説が出てくるのは納得がいく話だ。何とも歴史ロマンに溢れた物語なのだろうか。
桔梗塚 | 明智光秀の墓と伝承される歴史ロマン溢れる場所
 ↑
古いのか新しいのか不明な小屋の中に光秀公の位牌がある

しかし、そもそもなぜ主君である織田信長公を裏切ったのか。いや、実は裏切ったわけではなく仕組まれたことなのか。ここについて議論を始めたら広辞苑ほどのページになってしまう可能性があるため、ここでは控えることにする。

アクセス


大きな地図で見る
〒501-2258
岐阜県山県市中洞1020番地 中洞白山神社
0581-22-6831 (山県市まちづくり企業支援課)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件