金沢大とCCCマーケティング、Tポイントデータを活用した共同研究を開始

It News Startup

金沢大とCCCマーケティング、Tポイントデータを活用した共同研究を開始

金沢大学の藤生研究室(交通・防災まちづくり研究室)とCCCマーケティング株式会社(以下、CCCマーケティング)は、産学連携の共同研究プロジェクトを開始。同プロジェクトでは、Tポイントデータを「地域のためのまちづくり」に活用する。

防災や観光など、さまざまな計画策定への貢献を図る

金沢大とCCCマーケティング、Tポイントデータを活用した共同研究を開始CCCマーケティングはカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社のグループ会社として、マーケティング・ソリューション事業を展開している。今回は、T会員やTポイントなどのデータを有する同社と、土木工学をベースに異分野融合の研究を行う藤生研究室が連携。「地域のためのまちづくり」をテーマに共同研究を行い、防災や観光をはじめとした各種計画策定への貢献を図る。

今回の発表に先立つ今年9月には、金沢の都市圏在住のT会員を対象に調査分析を実施。内容は「新型コロナウイルス流行に伴う動態変化」というもので、Tポイントデータの有効性を実証した。

共創コミュニティサイト「Blabo!」も活用

今回のプロジェクトでは、CCCマーケティングの共創コミュニティサイト「Blabo!」も活用する。同サイトは、ひらめきをシェアするためのコミュニティ。ここで防災や観光に関するアイデアを募集し、インサイト発見につなげていく。

金沢大学の藤生教授によれば、既存の統計データとTポイントデータを組み合わせて分析することで、きめ細かい政策の立案が可能になるという。今後の展開に期待がかかる。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件