プロスポーツチームのパフォーマンス管理にデータ分析を活用するKitman Labs

It News Startup

プロスポーツチームのパフォーマンス管理にデータ分析を活用するKitman Labs

Kitman Labsは野球・サッカー・ラグビーなど、チームスポーツの成績向上のため、トレーニングの効果や選手の健康状態を管理するプラットフォームを提供している。米メジャーリーグや英プレミアリーグでも採用されてきた期待のベンチャー企業だ。企業買収や600万ドルの資金調達を実現し、積極的な事業拡大を進めている。

チームの成績向上につながるデータ分析

スポーツは、さまざまなデータが扱われる分野だ。選手個人を見ても身体能力やトレーニング前後の体調の変化などが管理の対象となるし、それをチーム単位でまとめて分析する必要がある。

Kitman Labsは人工知能を活用してスポーツチームのパフォーマンスを向上させるプラットフォームとして、2012年にアイルランドで創業された。モーションキャプチャーで選手の動きを測定し、怪我を防ぐための対策がとれる機能などが備わっている。

他にも以下のような質問に対し、Kitman Labsは価値ある洞察を提供できる。

  • 個々の選手の強み・弱みは何か?
  • ポジションごとに求められる能力は何か?
  • どんな練習を行うべきか?
  • どの程度の休養が必要か?
  • 移動の影響はどの程度か?
  • 怪我の再発を防ぐにはどうするか?
  • 対戦相手にどう挑むべきか?

トップレベルのチームで採用が広がる

Kitman Labsは150以上のスポーツチームで採用され、米国のNFL、NHL、MLBや独ブンデスリーガ、英プレミアリーグでも利用が広がっている。野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、アイスホッケーを含め、種目を問わないのも強みだ。

アスリート向けデータ分析機能を強化するため、2020年1月にはSports Office社の買収を実施。電子カルテとの連携や医療データの利活用にも期待が集まっている。

さらに、2020年7月には600万ドルの資金調達を行い、パフォーマンス管理の研究開発やユーザー体験の向上に注力するようになった。特に、新型コロナウィルス感染症対策として、選手の体調や検査データの管理を行う機能を導入し、チームとして試合や練習における意思決定を支援していく見込みだ。

Kitman Labs

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件