複数のクラウドサービスに散らばるコンテンツを検索するCloudtennaのモバイル検索アプリ

It News

複数のクラウドサービスに散らばるコンテンツを検索するCloudtennaのモバイル検索アプリ

いまどき自分のコンテンツは、さまざまなクラウドサービスに分散して保存しているため、いざというときに見つけるのが難しい。メールに添付したい「あれ」は、Slackの会話内にあるのだろうか、Boxの中か、DropboxかGoogle Docsか、それともOffice 365なのだろうか。Cloudtennaはこの面倒な問題解決に挑戦し、米国時間6月16日に250万ドル(約2億7000万円)の資金調達と、新たにモバイル用の検索ツールを発表した。

匿名の投資家が多いが主役はBlazar Venturesで、同社によるとこれまでの調達総額は650万ドル(約7億円)になるという。

Cloudtennaの共同創業者であるAaron Ganek(アーロン・ガネック)氏によると、CloudtennaはAIとドキュメントのメタデータを併用して、コンテンツの保存場所を見つけることができる。「私たちの本当の仕事は、企業のファイルのカオスに秩序をもたらすことだ」とガネック氏はいう。「ファイルはさまざまなクラウドのあちこちに、ばらまかれたような状態で存在している。私たちが開発したアプリケーションは、AIを利用してファイルを見つける。それらは、どこに保存されていてもよいい」。

同社はデスクトップ用の検索アプリケーションを2018年にリリースし、それと併用されるモバイル用の検索ツールである「Workspace」を発表した。ガネック氏によると、モバイルの特徴を十分利用するためにアプリはゼロから新たに制作したとのこと。

「検索のテクノロジーをスマートフォンとタブレットに持ち込んだ。はっきりさせておきたいのは、これがデスクトップ製品のモバイルバージョンではないことだ。人は外出しているとき、すなわちモバイル状態のとき、どのようなコラボレーションしているのか、徹底的なケーススタディを行なった上で設計した」とガネック氏はいう。

複数のクラウドサービスに散らばるコンテンツを検索するCloudtennaのモバイル検索アプリ

画像クレジット:Cloudtenna

AIの部位が、ユーザーの履歴に基づいてファイルがどこにあっても見つけ出す。これまで、誰とコラボレーションしていたかもわかる。最も身近でよく使うファイル、あるいは検索キーと最も関連性が高いファイルを優先して見つけてくれる。どこに保存されていてもいい。

ガネック氏によると、パンデミックのときに資金調達をするのは確かに奇妙な体験だったが、一般的にSaaSの利用が増えて、同社も上昇気流に乗っており、投資家たちにもそのことを理解していた。

同社は2016年に創業して、現在は9人の社員がいる。ガネック氏によると、現時点で人を増やす気はないという。そのため将来の社員の具体的な人数を挙げることもできないとのことだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件