除菌作業をお手伝い!ロボットメーカーDoogによるUV-C紫外線照射ロボット

It News Startup

除菌作業をお手伝い!ロボットメーカーDoogによるUV-C紫外線照射ロボット

株式会社Doog(以下、「Doog」)が、「UV-C紫外線照射 自動巡回ロボット(以下、「UV-C紫外線照射ロボット」)」を開発した。つくば市の協力のもとで同ロボットの稼働試験も行われ、安定走行が確認されている。

安全な除菌作業をサポート

除菌作業をお手伝い!ロボットメーカーDoogによるUV-C紫外線照射ロボットUV-C紫外線の照射には高い除菌効果がある反面、人との距離が近いと人体へ悪影響を及ぼしてしまう。そのため、高出力な紫外線ランプを用いて行う除菌作業にはリスクが伴い、運用は決して簡単ではない。

そのような作業を補助するものとして、UV-C紫外線照射ロボットが開発された。このロボットは、Doogの特許出願技術である「メモリトレース機能」を用いて、あらかじめインプットされたルートを巡回走行し、適切な照射距離と時間に基づいた除菌作業を行う。これにより、安全な作業の実現だけでなく、作業の品質維持などにも貢献する。

つくば市庁舎において稼働試験を実施

除菌作業をお手伝い!ロボットメーカーDoogによるUV-C紫外線照射ロボット今回はつくば市の協力のもと、閉庁後のつくば市庁舎における稼働試験も行われた。内容は、自動走行するロボットが椅子やテーブルなどの対象物に近づいて停止し、ランプを自動で照射するというものだ。安全のために、紫外線灯ではなく一般的な蛍光灯が使用されたとのこと。

具体的な手順として、まずは約60mの巡回路をおよそ5分かけて誘導し、前述のメモリトレース機能で巡回走行ルートを作成した。同時に、計12カ所の停止ポイントにおける各10秒間の一時停止を設定し、ランプ照射のオン・オフも記憶させたという。その後、作成したルートにおける安定走行が確認された。

安全な除菌活動をサポートするための次世代ロボットとして、アフターコロナの社会における活躍が期待できそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件