チームのパフォーマンス向上をサポート!情報共有ツール「welog」

It News Startup

チームのパフォーマンス向上をサポート!情報共有ツール「welog」

「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る」をミッションに掲げる株式会社トライバルメディアハウスは、情報共有ツール「welog(ウィーログ)」のβ版をローンチ。β版に関しては無料で利用可能で、正式版のリリースは今秋を予定しているとのことだ。

シンプルでわかりやすいデザイン

チームのパフォーマンス向上をサポート!情報共有ツール「welog」welogでは、会議の議事録や業務マニュアルといったドキュメントの記録・共有をサポート。情報伝達の効率化やノウハウの蓄積を実現し、チームのパフォーマンス向上に寄与する。

特徴のひとつとして、シンプルなテキストエディタの採用が挙げられる。また、フォルダエリアとノートエリアを分けたデザインにより、必要な情報を簡単に見つけられる。

さらに、登録中のグループでノートの新規作成・更新があった際は、新着表示やメールで通知を受け取れる。来月上旬には、SlackやChatworkによる通知にも対応する見込み。

β版の申し込みはWebサイトにて受け付けており、受付終了日は来月16日を予定している。

変化の激しい状況への対応を後押し

welogの先行ユーザーからは、「複雑な操作が不要で、初めての利用でも迷うことなく活用できている」「議事録や業務依頼などを、共有フォルダにデータで格納する手間がなくなった」などのコメントが寄せられているという。

新型コロナウイルスの影響を受け、人々の働き方は大きく変化している。同じ空間で働く機会が減ることで、情報のスムーズな伝達やノウハウの蓄積はますます重要になっていく。welogは、そのような状況下でも高パフォーマンスを発揮できるチームづくりへの貢献を目指す。β版として、今後のブラッシュアップにも期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件