怖すぎる、25,000匹の蜂の大群に襲われたトランポリンが衝撃的な姿に

News 2ch

怖すぎる、25,000匹の蜂の大群に襲われたトランポリンが衝撃的な姿に

ハチといえば、人間の生活を脅かす驚異の生物でありますが、このような性格になっているのには、やはり彼らの守るべきものがあるからこそであるわけであります。攻撃性を強め守りを固めるという、生物としてかなり原始的な考え方ではありますが、今回の行動は一体どのような意味合いがあるのか、色々と謎です。

25000匹に襲われたトランポリン

ハチは怖いものです。素手なんかで捕まえれば、怪我をするのは必死。それが25,000匹もいると慣ればなおさらなのですが、こちらの家庭にはそんな膨大な数のハチが一気に襲来してきたと言うからたまったものではありません。

サウスヨークシャー州バーンズリー出身のマシューグレイスさん(50)家の庭に、真っ黒い物体を発見。一体何であるのかと近寄ってみたところ、とんでもないものを見てしまったというのだ。

それがこちら。

なんとトランポリンを覆う、ものすごい数のハチ。

昆虫恐怖症のマシューグレイスさん。今回のトランポリンにたかるハチを見つける前に、ハチの羽音に敏感に気づいており、薄々感づいていたようだ。

即座に家中に鍵をかけ、そして蜂農家に家に来てもらい、それら蜂を連れて行ってもらったということだ。家には子供も居て、犬も妊娠中。非常に危険な状態だったが、彼らはハチの危険性にはあまり理解していなかったようだ。

世界一巨大なハチも失神レベルですが

今回はミツバチですので、危害さえ加えなければそれほど危険性はないのですが、それにしても、嫌な侵入者ではありますね。

Source:MirrorUK

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件