au新プラン2,480円、通話オプションを含めるとdocomoやソフトバンクと横並び価格だと話題に

News 2ch

au新プラン2,480円、通話オプションを含めるとdocomoやソフトバンクと横並び価格だと話題に

image:GoogleMap

12月9日の新料金プラン発表、docomo(ahamo)の20GBで2,980円という衝撃的な新プランの後出しにも関わらず対抗策を打ち出せなかったKDDI(au)。ソフトバンクもahamoの対抗策を打ち出しており、完全に取り残された感のあったauが、1ヶ月の沈黙を破り新プランをぶち上げてきました!

2,480円の衝撃!

KDDI(au)は20GBで2,480円のプラン「povo」を打ち出してきました。12月9日に新料金プランを発表した際は、そのわかりにくさと価格の高さから「au解約」が一時トレンドとしてネット上を賑わすなど、auに厳しい評価が下っていました。

参考:au新プラン「povo」

docomo、ソフトバンクとの違いは?

docomo(ahamo)とソフトバンクの20GBプランに明確な違いはほとんどなく、ソフトバンクがLINEのデータを使用データ量にカウントしない「LINEがギガノーカウント」があるくらい。その他ahamoは82カ国追加料金無しでデータ使用可能を打ち出しておりますが、ソフトバンクはいまのところ未定。

これに対しauは20GBで2,480円とdocomoやソフトバンクよりも月額500円下げてきており、グループ会社であるUQmobileが完全に霞むほどの低価格。とはいえ5分話し放題がオプション(500円/月)となっているため、実質横並びといっていいでしょう。

・au(pavo)・・・20GB 月額2,480円 1通話5分話し放題(オプション500円/月)

・docomo(ahamo)・・・20GB 月額2,980円 1通話5分話し放題(無料)

・ソフトバンク(Softbank on LINE)・・・20GB 月額2,980円 1通話5分話し放題(無料)

オンラインでのみ申し込み等、詳細もほぼ同じ。さすがに最初に衝撃のプランを発表したdocomoを超えるのは難しかったようです。これに対しMVNO各社がどんなプランを打ち出してくるのか、楽しみになってきました。

ネットの声は・・・

1通話5分話し放題が必要なら500円のオプションというのは、よく考えられたプランだなと。契約してみて通話料が高くなるならオプションでつけられる、というのは安心感がありますね。これはdocomoとソフトバンクが追随してきそうです。

200円で24時間データ容量無制限のオプション、かなり好意的な意見が多いようです。テザリングに関してはいまのところ未定ですが、OKなら仕事需要はかなり高そう。筆者も外出先PCを使って仕事することがあるので、テザリング可能であればpovoで決まりかも。

やはり横並びだという意見が多いですね。1日データ使い放題は好評なので、こちらもdocomoとソフトバンクが黙っていないかも。

これでほぼ横並びとなった3大キャリアの低価格戦争。音声通話を使わない方や突発的に大容量が必要な方ならau(povo)、LINEでデータを大量に使う方でしたらソフトバンク、海外で頻繁に使われる方やブランドに拘る方はdocomo(ahamo)との棲み分けが出来るのかもしれません。

source:au

画像掲載元:GoogleMap

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件