Amazon Alexaチームを指揮する、トニー・リード氏とロヒット・プラサド氏がDisruptに登場

It News

Amazon Alexaチームを指揮する、トニー・リード氏とロヒット・プラサド氏がDisruptに登場

Alexaが発表されたのがわずか数年前、2014年11月のことだったとは信じがたい。6年足らずでこのスマートアシスタントは、珍しいもの好きのための家電製品という立場からほぼどこにでも存在するテクノロジー現象へと変貌を遂げた。初期のEchoデバイスと同時に発売されたAlexaは、AppleのSiriやGoogleのAssistantと共にボイスコンピューティングの新たな枠組みを定義してきたのである。

最近の統計によると、米国のインターネットユーザーの29%がスマートスピーカーを使用している。その人口統計中ではAmazonが完全に優勢であり、米国のスマートスピーカー所有者の約70%がEchoを使用している。当然、Alexaの広がりはそれだけに留まらず、あらゆる種類のスマートホームデバイス、ラップトップ、自動車、携帯電話、ウェアラブル端末、テレビにまで及んでいる。幸運にも、AmazonのAlexaチームの代表らが9月に開催されるDisrupt 2020に参加し、スマートアシスタントの成長とボイスコンピューティングの未来について語ってくれることとなった。

Toni Reid(トニー・リード)氏はAmazonに10年以上在籍しており、Alexaエクスペリエンス&Echoデバイス担当バイスプレジデントを務めている。同氏はAlexaがこのカテゴリーで優勢であるための立役者となってきた。Alexa人工知能の担当バイスプレジデント兼主任科学者であるRohit Prasad(ロヒット・プラサド)氏は、自然言語理解、機械学習、対話科学、機械推論の専門家だ。

この2人が共にAlexaの成長とスマートアシスタントカテゴリーの市場での支配を推進してきたのである。米国時間9月14〜18日のDisrupt 2020で、どのようにして全てが始まったのかをリード氏とプラサド氏が語ってくれる予定だ。

Disrupt 2020特設ページへ

[原文へ]

(翻訳:Dragonfly)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件