アプリの一部機能をオンデマンドで提供するiOS 14のApp Clipsはダウンロードという高いハードルを取り去る

It News

アプリの一部機能をオンデマンドで提供するiOS 14のApp Clipsはダウンロードという高いハードルを取り去る

Apple(アップル)のApp Storeは今や200万本近いアプリが登録された巨大なエコシステムとなっている。 つまり必要なアプリを見つけてダウンロードするのが非常に難しくなっているわけだ。 アプリのデベロッパーが新しいユーザーを獲得するにはApp Storeを対象とする検索広告、伝統的SEO、各種デジタル広告などにますます多額の投資をしなければならないい。

今年後半にリリースされるiOS 14に搭載されるApp Clipsはデベロッパーの新ユーザー獲得に新しいオプションを提供する。AppClipsでアプリを公開した場合、ユーザーは必要に応じてアプリの一部の機能をオンデマンドで即座に読み込むことができる。利用が終了するとApp Clipsのアプリはデバイスから消える。3

App Clipsのコンセプトは目新しいものではない。GoogleのAndroidプラットフォームでは数年前からInstant Appと呼ばれるオンデマンドのミニアプリを提供している。

App ClipsはInstant AppsのiOS版で、アプリをウェブページ並みに手軽に扱えるようにすることを目的としている。スピーディーかつ一時的で、特定の機能を利用したいだけなのにApp Storeからアプリをダウンロードしてデバイスにインストールしなければならないというハードルを取り除く。

現在多くのユーザーは急いでいるときにアプリをまるごとダウンロードしたがらない。たとえば市営パーキングで駐車料金を支払いたい場合、パーキングメーターにクレジットカードを通すだけですめば好都合だ。市の駐車アプリをダウンロードしてインストールするよりはるかに時間と手間の節約になる。

ファーストフード店で行列を作っている人々もいちいち店のアプリをダウンロードしてメニューを見て注文しようとはしない。ほとんどの客はカウンターでスタッフに注文し、料金を払う。自転車をレンタルするならスマートフォンを1回タップするだけで済ませたいだろう。

アプリの一部機能をオンデマンドで提供するiOS 14のApp Clipsはダウンロードという高いハードルを取り去る

App Clipsはウェブサイトを開くのと同じくらい手間でアプリの特定機能を利用できるようにすることを狙っている。上に挙げた例のように一度タップするだけでApple Payでチェックアウトするというほかにも多数のシナリオが想定される。

同社はQRコードを読み取るだけでClipsを起動できるようにする予定だ。今年後半に登場するApp Clip Codeはこの験をさらにアップグレードする。NFCとQRコードのスキャンを組み合わせた機能でユーザーはタップないしQRコードのスキャンでApp Clipsにアクセスできる。

アプリの一部機能をオンデマンドで提供するiOS 14のApp Clipsはダウンロードという高いハードルを取り去るアプリの一部機能をオンデマンドで提供するiOS 14のApp Clipsはダウンロードという高いハードルを取り去る

たとえば、パーキングメーターにApp Clip Codeを表示すればユーザーはコードをスキャンするだけでアプリの一部機能を即座に読み込み、駐車時間に応じた支払いを行うことができる。ApplePayが利用できるシステムであればクレジットカードのスワイプを省略することもできまる。

App Clipsのサイズは10MB未満に制限され、App Storeアプリにバンドルされる形で公開される。デベロッパーはUIKit、SwiftUIなどの現在アプリ開発に用いている開発環境を利用してApp
Clipを書くことができる。ただしApp Clipsを起動してもアプリ本体がデバイスにダウンロードされることはない。

App Clipsが提供する重要なメリットはプライバシー保護の面で優れていることだ。App Clipsは簡単にいえばオンデマンドでアプリのコードを実行する仕組みだ。このためiPhone上に健康、フィットネスなど機密性の高い個人データへがあってもアクセスは制限されている。またApp Clips自身と使用したデータは、一定時間再利用されないと自動的に消去される。

逆にユーザーが特定のApp Clipsを頻繁に利用する(行きつけのコーヒーショップなど)と、App Clipsが消去されるまでの時間が延長され、機能も拡大される。コーヒーショップの例でいえば、App Clipsはオーダーの際にユーザーが前回した注文を記憶し、候補として提示する。これにより注文のプロセスがスピードアップできるわけだ。このユーザーはやがてアプリ全体をダウンロードしてインストールすると決めるかもしれない。

この場合、Appl Clipsから本体アプリへの移行もシームレスに実行される。iOSは、App Clipsがすでに得ていたカメラ、マイク、Bluetoothアクセスなどへのアクセス許可を記憶しており、アプリ自動的に適用する。またアプリで使用されたデータも移行される。

アプリの一部機能をオンデマンドで提供するiOS 14のApp Clipsはダウンロードという高いハードルを取り去る

もちろユーザーはこうした実世界での利用以外にもオンラインでApp Clipsを発見して利用することがあるだろう。アップルはむしろこちらを主なユースケースと考えいるかもしれない。

同社は、App ClipsはiMessageのリンクとして送信できるとしている。またSafariでモバイルサイトを閲覧しているときにポップアップとして表示されるし、アップル純正の「マップ」アプリのビジネスの説明ページにも表示できる。Siriの「この周辺」の候補にも表示される可能性があるとアップルは説明している。

「デバイスの中であれ、現実世界であれ、世界のどこにいいようと常にユーザーのそばにあって即座に利用できる」というのがApp Clipsの考え方のようだ。

関連記事:iOS 14は犬の鳴き声を認識して聴覚障害者に通知するアクセシビリティ機能などを強化

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Apple iOS

画像:Apple
原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件